Digital Gadget #96

■ カラフルの不思議


大昔の日本人は「白い」「黒い」「青い」「赤い」という 四つの色彩感覚を中心としていました。その他の色合いは 自然物の名前をあてはめて表現してきました。 また江戸時代の幕府の政策にも関係し、 灰色と茶色に関しては特に多種多様な色表現が生まれたと言われています。

人間の五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)のうち視覚情報は 外界を知るための情報源として 80%以上を占めると言われています。 色から感じる雰囲気や、情報、好きな色や、感情表現など、 色が持つ情報は計り知れないものがあります。 そして数々の色情報を一同に集めることによってよりカラフル(多彩な) 感覚を得ることができます。

現代では特殊な彩色方法を用いたレインボーローズと呼ばれる 7色に輝くバラの花さえも存在します。 さて、カラフルの不思議を探求してみましょう。

■ Atomic: full of love, full of wonder

http://www.lukira.com/lukira/2006/08/atomix_full_of_.html

10万個のカラーボールを配置したアート作品。Nike Savvas 氏によるもの。 着色された polystyrene の大量のボールを配置したもの。

■ yotophoto

http://yotophoto.com/

yotophoto は画像素材を色で検索できるサービスです。 たとえば、空の写真の中から、夕焼けで赤いものを探したい時は [ red sky ] などと検索したり [ red coffee ] とすると 赤いコーヒーカップ画像素材を絞り込んで検索することができます。 各種ストックフォトを横断的に検索し、利用ライセンスも明示されるため、 様々な用途に便利に利用したい写真画像素材を素早くみつけることができます。

■ laptop_orchestra

http://www.limiteazero.com/l_o/

laptop_orchestra は大量のラップトップパソコンを利用した デジタルオーケストラです。虫ピンのような専用デバイスに 手を近づけるとその配置に従い周辺のディスプレイの表示色が カラフルに変化するというインスタレーション作品です。

■ 色のついたシャボン玉

http://www.zubbles.com/

シャボン玉は透明なもの、太陽光を受けて薄膜が様々な色に変化する はかないものというイメージが強いものです。Zubbles が提供する シャボン玉は既存のシャボン玉の概念を覆す 7色の鮮やかな発色シャボン玉です。 従来からも若干の色がついたシャボン玉は存在しましたが、 Zubbles は色合いが強く、さらに衣服についても染みにならないとのことです。

■ Web2.0 Color Palette

http://miles.burke.id.au/blog/2006/02/03/the-web-20-secret-weapon/

流行りの Web2.0 的サイトの色合いは、どこも明るくポップなデザインを採用しています。 良く知られている Web サイトが使っているカラーパレットをまとめたものが この [ Web2.0 Color Palette ] です。 色の種類には Yahoo! Red や、Google Green と言ったすぐにピンとくる色合いばかりです。 自作の Web サイトも、このカラーパレットの色合いに従って、 流行りのサイトになれるかもしれません。

■ BRAVIA - The Advert

http://www.bravia-advert.com/

大画面ハイビジョンテレビ [BRAVIA] のテレビCM(米国版)の公式サイト。 ビルに仕掛けた大量のペンキを爆発させるというなんともカラフルな映像です。 約1トンものペンキを利用したそうです。 この CMの以前の大量のスーパーボールを転がしたものも 良く知られています (http://www.bravia-advert.com/balls/) 双方の CM とも、メイキング映像も舞台裏の苦労が解る貴重な映像です。

■ Color Schemer

Color Schemer は専用のツールを用いて、現在流行りの色の組み合わせを 知ることが出来るサービスです。 流行りに乗るのもよし、意図的に皆が使わない色づかいを考えるのもよし、 利用方法は様々です。 Web 上で選択検討のできる [ Color Sceheme Generator ] (http://wellstyled.com/tools/colorscheme2/index-en.html) というツールも便利に活用できます。

■ Color Code

http://loop.aiga.org/resources/loop/loop9/colorproject/index.html

約3万の英単語を意味ごとに分類して、色分けして配置した図柄。 色の意味は、その単語を探す時に配置されていた Webページの色合いを 平均化したものです。 色とは直接関係の無い単語もどのような色あいとして評価されているのかが 良くわかります。

■ The Meaning of Colours

http://www.sibagraphics.com/colour.php

世界各国で各色から起因するイメージ、言葉の意味合いが違うことが良くわかる一覧です。

■ Behr's ColorSmart

http://www.behr.com/behrx/workbook/

主にインテリアコーディネータ向けの配色検討サイト。2色の組み合わせから 数色の組み合わせまで、様々な微調整、検討を元に配色を決めることができます。

■ Color Blender

http://colorblender.com/

ベースとなる RGB カラーを設定すると、その色と組み合わせの合う ブレンドカラーを推奨してくれるサービス。センスの良い Web デザインの参考になる。 カラーパレットのランキングサイト (http://www.colourlovers.com/) も便利です。

■ Color Matching

http://www.easyrgb.com/matching.php

ベースとなる色から、様々なデザイン用のカラーテーブルから近しい色を 見つけ出してくれるサービス。専用のソフト (EasyRGB-PC)も提供されている。

■ ColorZilla

https://addons.mozilla.org/firefox/271/

Webページのある部分の色情報を瞬時に知ることができる Firefox 拡張。 わざわざ専用の画像ツールを立ち上げなくとも、 Webページをブラウズしながら、色情報を得られるのが便利なツールです。

■ 野菜の色

http://www.kagome.co.jp/style/color/index.html

野菜の色の持つ力を詳しく紹介してくれるサイト。 ここまでに紹介したサイトと比べると異色の存在であるが、とてもカラフルなサイトです。

■ clor.org

http://www.colr.org/

Web上にある画像を指定すると、そこで利用されている画像から カラーパレットや、カラースキームを自動生成してくれるサービス。

■ ColorWhore

http://www.colorwhore.com/index.asp?Color=Blue

カラーコード(名前や 16進数表記)を入力すると、 ベースとなる色にあった、カラースキーム一覧を表示してくれるサイト。 サイトデザインはもとより、スプライトやラインのデザインなどにも活用できる。

■ 好きな色に囲まれた生活


先月号で紹介した、 調和的に美しい色合いを導き出すアプローチである Color Harmonization (http://cg.cs.tu-berlin.de/~sorkine/ProjectPages/Harmonization/) を始めとして、色に関する研究には様々なものがあります。 また、オーラソーマ・カラーリーディング (http://woman.excite.co.jp/fortune/color/) では直感的に選んだ色の組み合わせから、その人の本質や潜在的な可能性などを判断 してくれる色を基本にした占いも人気です。

Web デザイナーなら一度は読んだことがあるであろう、 書籍 [ Web Design Index (http://www.webdesignindex.org/) ] は、 白っぽいサイトから、順に黒っぽいサイトまで、色合い順に デザインに優れた Web サイトを紹介してある本です。

身の回りには「色」が溢れています。 折角なら、気分のいい色に囲まれて過ごしてみませんか。



■ Digital Gadget This Month

■ VisiBone Mouse Pads

http://www.visibone.com/color/hexagon.html

コンピュータ上で良く使われる色合いを蜂の巣状に並べた マウスパッド。これがあればもう色を入力するのに悩むことはありません。 15ドル。

■ ルービックキューブデザインのアクティブスピーカー

http://www.megahouse.co.jp/sound/cube/index.html

立体パズルゲーム、ルービックキューブ状のスピーカー。 音に合わせてキューブ状に区分けされた光が輝きます。5,250円



Copyright © 1998-2007 by Yukio Andoh 安藤幸央 andoh@digitalgadget.jp